人工甘味料について

query_builder 2021/08/03
ブログ
6A1D1B92-162B-4ACC-B567-BC2EBDA72AE7

こんにちは!




小山市のパーソナルジム・ヨガスタジオ【WORKOUT STUDIO Goald】です!




人工甘味料とは、化学的に合成されて作られた甘味料で、カロリーを抑えた砂糖の代わりとして使用されます。商品に使われるときは砂糖の甘さに近づけるため、いくつかの人工甘味料を併用している場合が多いです❕




人工甘味料が使われているのは、主に清涼飲料水やガムなど、またカロリーゼロやカロリーオフと書かれているものには使用されている可能性が多いといえます。



人工甘味料には肥満予防や生活習慣病改善に役立つ可能性が高いことから、注目されています!

化学的に合成されたものであることは確かですが、使い方次第では身体にとって良い作用をもたらしてくれることもあります❕




「化学」という言葉が否定的にみられることもありますが、人工甘味料に関して正しい知識を持ったうえで、生活に役立てていただけたらと思います。




砂糖を含む甘味料は「糖質系」と「非糖質系」に分かれており、そのうち「非糖質系」には天然甘味料と合成甘味料があり次のような特徴があります


↓↓↓


【天然甘味料】・・植物の葉などに含まれる甘味成分を抽出したもの。
ステビアや甘草など、、




【合成甘味料】・・化学合成によって作られた甘味料で砂糖の数百倍の甘味度がある。




アスパルテームやアセスルファムカリウム、スクラロース、サッカリンなど、、




合成甘味料であるアスパルテームは砂糖と同じく、1g4kcalとなっていますが、甘味が砂糖の200倍にもなるため、少量の使用で甘い味付をすることが可能です❕




アセスルファムカリウムの甘みはアスパルテーム同様砂糖の200倍となっていますが、1g0kcalなので低カロリー食品を作る際には大変役立ちます❕




なので、砂糖と同じ甘さの味付をしたいとき、砂糖とカロリーが同じ場合であっても、合成甘味料であれば使用量が少なく済むので高カロリーにならないというわけです😊 




人工甘味料は安全性が気になるという方もいるかもしれませんが、考え方を変えれば健康管理に役立つものなので、正しい使用法を知って必要なときは活用してほしいと思います!




人工甘味料のうち合成甘味料を使うメリットとして、砂糖と比較して食後の血糖値が上昇しにくいことから、肥満や糖尿病の予防・治療にも有効であると期待されています。




また、非糖質系甘味料であることから酸を生成しないため、虫歯の予防にも適しています!!




最後に、、
合成甘味料などの人工甘味料は安全性が認められたもののみ使用が許可されていますが、腸内フローラに悪影響を与える可能性や糖尿病のリスクが高まるなどのデメリットもあるといわれていますので、メリット、デメリットを知り、上手に使い分けていくことが大切です✨




それらの病気のリスクを下げる為、日常的にトレーニング、ワークアウトやヨガなどを習慣づけましょう❕

NEW

  • プロテイン・BCAA・EAAの違い

    query_builder 2021/10/21
  • 朝のおススメルーティン

    query_builder 2021/10/20
  • ダイエットにおすすめの間食

    query_builder 2021/10/19
  • 背中を鍛えるメリット

    query_builder 2021/10/18
  • 実はあまり良くない食べ合わせ食材

    query_builder 2021/10/16

CATEGORY

ARCHIVE