ダイエット中に食べていけない・注意すべき食べ物【小山市、結城市、古河市のパーソナルトレーニング・ヨガ】

query_builder 2021/12/14
ブログ
9792990E-819E-48F3-93F8-A8B5EFB2F515

こんにちは❕

小山市のパーソナルジム・ヨガスタジオ【WORKOUT STUDIO Goald】です!




皆様はダイエット中に食べてはいけないものについて詳しく知っていますか❔




今回はダイエット中は注意が必要であったり、できれば避けたほうがいい食べ物をご紹介していきたいと思います❕




①白米


→白米は食べてはいけないというより量や食べ方に注意が必要な食べ物です。
白米はGI値が高いので食べすぎると血糖値を急上昇させ、脂肪を付きやすくさせてしまいます。


そして、食物繊維もほとんど含まれていません。
ダイエット中は普段よりも量を減らすか、先に野菜を食べるようにすれば血糖値の上昇を抑えることができます。


※ダイエット中は食物繊維やビタミンが豊富な玄米やもち麦、黒米などに置き換えれば効果的です。

量を守ればしっかりとダイエットできます!



②食パン


→実は白米よりも血糖値を上げやすく、注意が必要な食べ物です。
食パンは柔らかく食べやすいのでなかなか満腹感を得られなく、自然と量が多くなってしまう可能性が高いです。


※ダイエット中に食べるなら、全粒粉の食パンがオススメです!
食物繊維が豊富で血糖値を上げにくく、腸内環境を改善してくれます。




③ソーセージ


→ソーセージも食べてはいけないというより、量に気をつけた方がいい食べ物です!

ソーセージは脂質の割合が多いです。
脂質の摂りすぎはダイエットではNG行為なので気をつけないといけない食材です!


また、食べやすいように加工されているので自然と食べる本数が多くなりがちです、、、。


※ソーセージを食べたい場合は朝食やおやつに2,3本を時々にしましょう!




④ベーコン


→かなり高カロリーで脂質の割合が非常に高い食べ物です。
ベーコンは豚バラからできていて、豚バラは脂質が非常に高い部分です。


少量を食べるのであれば問題はありませんが、例えば目玉焼きの横に添えると卵の脂質と合わせて高脂質になってしまうので、食べ合わせに注意が必要です。


※ダイエット中に食べるなら、少量にして他の食べ物は脂質が少ないものを選んで食べ合わせましょう!




⑤冷凍食品


→商品にもよりますが、基本的にダイエットに向いていません。
長期保存が可能で美味しくするために味が濃く、脂質が高めです。


また、栄養素から見ても食物繊維やビタミン、ミネラルが少ないので、冷凍食品だけでは栄養不足になってしまいます。


※ダイエット中に食べるなら、一緒に野菜を摂りましょう。
そしておかずにするなら量を半分にするなどしてカロリーを調整することをオススメします。




⑥ファーストフード


→フライドポテトは脂質の塊なのでNGです。
ハンバーガーも高カロリーなものが多く、1個500kcalを超えるものもたくさんあります。


※ダイエット中にどうしても食べたい場合は比較的カロリーの低いバーガーを選んでください。また、副菜としてサラダを添えて栄養のバランスを整えましょう。




⑦丼もの


→丼ものはカロリーが高めなので注意が必要です。
自分でカロリーに気を使いながら作れば問題ありませんが、外食の場合高カロリーなものになってしまうので、できれば控えたほうが良いでしょう。


※もしも食べたくなった場合は小盛にして、副菜であるサラダや味噌汁を添えて栄養バランスを整えましょう。
基本的にダイエット中に食べるなら並盛までにしておきましょう。




⑧カレーライス


→カレーは炭水化物と脂質が高く、1食が高カロリーになりがちです。
ルーの30〜40%は脂質からできています。
ご飯との相性も非常によく、自然と食が進んでしまうのでダイエット中は気をつけないといけない食べ物です。


※カレーを食べたい場合は、ご飯を野菜に置き換えるのもオススメです!
例えばカリフラワー、ブロッコリー、茹でキャベツなど・・
カロリーカットと栄養を整えることができるので、カレー好きな人はぜひ試してみてください。




⑨ナッツ類


→ナッツ類はダイエット中にオススメのおやつとして有名ですが、気をつけないとダイエットを台無しにしてしまうくらい高カロリーな食べ物です。
ただ、ナッツ類は「不飽和脂肪酸」という良質な脂肪酸で構成されています。
この脂肪酸は「脂肪を燃焼させたり、脂肪をつきにくくする効果」があります❕

この効果がダイエット中にオススメされている理由です。


ただそのせいで必要以上に食べてしまう人が多いので注意しなければいけません。


※ダイエット中に食べる場合は量の調整が必要不可欠です。
おやつとして食べるなら1食200kcalまでが理想です。
もちろん自然のままの状態で、量を守って食べればダイエットに効果的なので、必要な分だけ食べるようにしましょう!




⑩人工甘味料入りの飲み物


→500mlのコーラには角砂糖が17個、カルピスには16個など、1日の砂糖の推奨摂取量をかるく超えています。


また、ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料にも砂糖はたくさん使われているため、ダイエット中は控えるようにしましょう。


※どうしても炭酸飲料など飲みたくなった場合はカロリーゼロや特保のものを選びましょう!
ただ飲みすぎると、舌が甘いものを欲しがるようになってしまうので頻繁に飲むのは控えましょう。





最後に、、


今回ダイエット中に控えたい食べ物を紹介してきましたが、絶対に食べてはいけないというわけではありません!!


ただ頻繁に食べてしまうと栄養が偏ったりしてしまうので、どうしても食べたくなったときにストレスを溜めないためにも食べるようにすると良いでしょう(^ ^)




#小山市パーソナルジム
#小山市ヨガ
#フィットネス #筋トレ #ワークアウト #ジム #ヨガ #美容 #食事  #トレーニング #パーソナルトレーニング #パーソナルトレーニングジム #ヒップアップ #ボディメイク #workout #fitness #training #yoga #栃木県 #小山市 #下野市   #結城市 #古河市 #茨城県 #佐野市 #栃木市 #足利市 #宇都宮市

NEW

  • 12月の営業日

    query_builder 2022/11/27
  • 痩せサインの見分け方 【小山市、結城市、古河市、筑西市のパーソナルジム、ヨガ】

    query_builder 2022/11/26
  • プランリニューアルキャンペーン❕【小山市、結城市、筑西市、古河市のパーソナルトレーニング、ヨガ】

    query_builder 2022/11/23
  • 秋のスキンケア 【小山市、結城市、古河市、筑西市のパーソナルトレーニング、ヨガ】

    query_builder 2022/09/22
  • 自律神経が乱れる原因・整え方 【小山市、結城市、古河市、筑西市のパーソナルトレーニング・ヨガ】

    query_builder 2022/09/21

CATEGORY

ARCHIVE