花粉症対策‼︎ 【小山市、結城市、古河市のパーソナルトレーニング、ヨガスタジオ】

query_builder 2022/03/09
ブログ
B30AB21F-AF39-4164-B5FA-7212B36DB03E

こんにちは❕

小山市のパーソナルジム・ヨガスタジオ【WORKOUT STUDIO Goald】です!




毎年春先には目を充血させ鼻水が止まらない人々が増加します。


それらの症状の多くは花粉によるアレルギー症状である花粉症です。


そんな辛い花粉症ですが、対策をとることである程度症状を緩和することができます!


本日はそんな花粉症について解説していきます!




~花粉症とは~


花粉症は花粉に対するアレルギー反応が発生する病気です。
花粉は体内に入ると、免疫機能により受け入れられるかどうかを判断されます。


そして異物として排除対象と判断された場合、花粉を攻撃する抗体が作られ、花粉を体外に出そうと抵抗するようになります。
この抗体の働きがアレルギー反応であり、花粉を体外へ出そうとする行動がくしゃみや鼻水、涙という形で現れるため、花粉が体内にある限り、それらの症状が止まらなくなってしまうのです。


日本には花粉症の原因となる花粉が約60種類存在します。
そんな花粉症ですが、しっかりと対策方法が存在します!




~花粉症を和らげる・防ぐ方法~


① 花粉を体内に入れない


症状を緩和させるために何よりも大切なのは、花粉を体内に入れないことです!
花粉のほとんどは鼻と口から体内に侵入してくるため、その2つの侵入経路をふさぎましょう。


花粉症用のマスクは、正しく装着することで7~8割の花粉の侵入をふせぐことができます。
しかしつけ方を間違えていたり、サイズが合っていなかったりすればその効果は半減します。
マスクの装着時は以下の点に注意しましょう。


・顔にあったサイズのマスクをつける
・ノーズクリップの形を鼻に合わせる
・プリーツを伸ばし、鼻から顎まで隠れるようにする
・くしゃみや鼻水で内側が汚れたらすぐに交換する


マスクをしっかりと着用することはコロナウイルス対策にも効果的です!


また、目の粘膜に花粉が付着しないように、花粉症用のメガネをかけることも効果的です!




② 花粉が飛ぶ日を把握する


花粉は特定の条件の日に飛散しやすいため、その日の外出を避けるのも効果的です!
花粉が飛びやすい条件には以下のものがあります。


・気温が高く湿度が低い日
・風の強い日
・前日に雨が降った日
・晴れた日の昼過ぎ
・晴れた日の日没ごろ


反対に夜間や雨の日、気温が低い日は花粉が飛びにくいため、外出する用事はその条件の日に済ませておくのがよいでしょう!




③免疫力を上げる


先日のBlogでも解説しましたが、免疫力を上げる事は非常に重要です!
花粉症は免疫機能の異常により発生します。
免疫機能が正常に働くことで、花粉症特有のアレルギー症状の発生を抑えられます。


免疫機能をつかさどる免疫細胞の約60%は腸に集中しているため、腸の環境を整えることが正常な免疫機能の活動につながるのです!
免疫力の上げ方については先日あげたBlogを参照ください!




いかがでしたか?
花粉症対策を徹底することはコロナウイルス対策とにておりとても効果があります。
是非実践してみましょう!!




#小山市パーソナルジム #小山市ヨガ  #フィットネス #筋トレ #ワークアウト #ジム #ヨガ #美容 #食事  #トレーニング #パーソナルトレーニング #パーソナルトレーニングジム #ヒップアップ #ボディメイク #workout #fitness #training #yoga #栃木県 #小山市 #下野市   #結城市 #古河市 #茨城県 #佐野市 #栃木市 #足利市 #宇都宮市 #ダイエット


NEW

  • 花粉症対策‼︎ 【小山市、結城市、古河市のパーソナルトレーニング、ヨガスタジオ】

    query_builder 2022/03/09
  • 免疫力の上げ方【小山市、結城市、古河市のパーソナルトレーニング、ヨガ】

    query_builder 2022/03/08
  • 3月のキャンペーン❕【小山市、結城市、古河市のパーソナルジム・ヨガスタジオ】

    query_builder 2022/03/01
  • 2月のキャンペーン❕ 【小山市、結城市、古河市、筑西市のパーソナルトレーニング、ヨガ】

    query_builder 2022/02/01
  • 感染症対策とお客様へのお願い 【小山市、結城市、古河市、筑西市のパーソナルトレーニング、ヨガ】

    query_builder 2022/01/27

CATEGORY

ARCHIVE